既婚女性の浮気経験の割合は20〜30%

 

旦那にバレずに浮気している主婦がやっている工夫について紹介している記事です。

 

既婚女性の浮気の割合を調査した統計はいくつかあるのですが、概ね20%〜30%だそうです。

 

ですが、専業主婦の浮気割合はわずか2〜4%程度らしいので、共働き夫婦の既婚女性に限ると浮気経験率は40%を超えるのではないでしょうか。

 

それくらい主婦にとっても浮気や不倫は身近な存在となっています。

 

さらに驚くべきは現在も浮気(ないし不倫)を継続している割合は80%以上、その中の70%以上は浮気が旦那にバレていないそうです。

 

かなり高い確率ですよね。

 

では、具体的にそういった浮気が旦那にバレない主婦はどうやってバレないための工夫をしているのでしょうか?

 

1つずつみていきましょう。

 

 

旦那に浮気がばれないための主婦がやっている12の工夫

文字として記録に残さない

 

違う相手に間違ってメッセージを送ってしまった。

 

なんて事は浮気に限らずやってしまった事がある人は多いと思います。

 

もちろん誤送信をしないようにするのが一番安全ですが、もし万が一誤送信してしまっても疑われないよう事務的な内容にするなど、ラブラブなメッセージのやりとりには気をつけましょう。

 

LINEや通話履歴に限らずスマホの記録に残るものは「証拠」になってしまいます。

 

パートナーのいる前では絶対に連絡を取らない。

 

予定はLINEやメールではなく会った時に決める。

 

履歴は徹底して削除するなど、スマホ内に残るものには気をつけましょう。

 

スマホをチェックしすぎない

 

今はLINEやメッセージアプリなどで気軽に連絡を取ることができるようになりましたが、浮気をしてから急にLINEや電話の着信が多くなったり、着信が来てるのにパートナーがいる前では電話に出ない。

 

トイレやお風呂どこに行くにも肌身離さずスマホを持ち歩くなど、よく聞く話ですがそういった所から浮気がバレることが多いのです。

 

自分で気をつけているつもりでもパートナーはよく見ています。

 

「最近スマホを触っている時間が長くなったな…」という些細な所から芋ずる式にバレたりします。

 

パートナーがいる前ではスマホのチェックをしない、メッセージアプリの通知をオフにしておく、着信がマナーモードでも手帳タイプのスマホケースにして画面に映らないようにするなど工夫して細心の注意を払いましょう。

 

パスコードの徹底管理

 

浮気バレはスマホから…というパターンが多いですが、そもそもスマホを見られなければバレるリスクは格段と下がります。

 

スマホ本体のパスコードを記念日以外の難しい数字の組合せにする、というのはもう皆さんやっていると思います。

 

指紋認証は便利ですが、寝ている時にこっそり指を使って解除されるというリスクがあるので、できることなら使わないのがベターでしょう。

 

LINEは「通知をオフにする」「LINEの起動にロックをかける」「相手の名前を変える」など色々対策をする事はできますが『誤爆』を防ぐためにも浮気相手との連絡用アプリを決めて個別にロックしておく方がいいでしょう。

 

パスコードは難しい数字に設定をし、こまめに変えて管理を徹底する。

 

パートナーに浮気がバレたく無いのなら最低限これくらいは気にするようにしましょう。

 

GPS機能はオフ

 

最近のスマホには必ずと言っていいほどGPS機能が付いています。

 

しかも詳細な場所まで解ってしまうほど超高機能!!

 

SNSや地図アプリ、iPhoneなら「iPhoneを探す」「友達を探す」など、もともとアプリが入ってる場合もあります。

 

LINEなど頻繁に使うアプリにすらGPS機能がついているんです…

 

絶望的ですが対策が無いわけではありません。

 

個々のアプリのGPS機能をオフにする。

 

位置情報をオフにする。

 

スマホの電源を切ってしまうという方法もありますが頻繁に電源が切られていると、疑われる要素になってしまうので気をつけましょう。

 

GPS機能はスマホを無くした時などには便利ですが、居場所が知られてしまい浮気がバレては元も子もありません。

 

パートナーに居場所がバレるようなアプリが入っていないか、GPS機能がオンになっていないか、普段から気をつけて確認しておきましょう。

 

外出時はオシャレしない

 

付き合いの長いカップルや夫婦だと、ちょっとそこまで位のお出かけや普段の服装やメイクがだんだん手抜きになってくるというのはよくある事ですよね。

 

好きな相手に会うときはメイクも服装も完璧な状態で一番綺麗な自分を見て欲しい、普段気軽に会うことのできない浮気相手とのデートならなおさらいつもより気合が入ってしまう、という気持ちもわかります。

 

ですがいつもはカジュアルな服装の女性が、急に綺麗目な服装で出かけて行ったり、仲のいい友人と会うのに気合の入った服装とメイクで出かけたりすれば怪しまれるのも当然です。

 

それは下着も同じで付き合いが長いパートナー相手だと、少しくらいヨレてしまった下着でも気にせず着けていたのに急に下着を新調したり、セクシーな下着が増えたりすると流石に服装に鈍感な男性でも気づくでしょう。

 

女性は好きな相手の好みに合わせて服装が変化する生き物です。

 

おしゃれしたくなる気持ちもわかりますが「普段通り」というのを忘れずに上手に振舞いましょう。

 

仕事中だからといって安心しない

 

なかなか自由に会うことのできない関係だからこそ気持ちが高ぶり、少しでも時間を作り会いたくなるものですが、浮気関係だとそういう訳にはいきません。

 

「ちょっと友達と出かけてくる」と言って浮気相手とデートの場合、彼や夫が外出して外で出くわして浮気現場を見られたら完全にアウトです。

 

他人や友人に見られたくらいなら言い逃れできる場合もありますが、そう上手くいくことは無いですよね。

 

浮気相手とデートしたいなら、パートナーが確実に仕事をしている時間帯や、出くわさない場所などを選びましょう。

 

ですが、仕事中だからといって100%安全なわけではありません。

 

予定外の外回りに出ていたり、早退してきたり、友人と出かけたはずのパートナーが急にキャンセルになって帰ってくるという事もあるかもしれません。

 

念には念を入れ、確実に安全な日を狙い、予定外の状況にも備えましょう。

 

やりとりは必要最低限に

 

急にコソコソと電話の回数が増えたり、メッセージが頻繁にくるようになったり…

 

トイレやお風呂に行く時もスマホを持ち歩いたり…

 

浮気をしている人の典型的な行動ですがあなたもやっていませんか?

 

いつでも気軽に会うことができない浮気関係だからこそ電話やLINEで常に繋がっていたい、安心したいと思うのは女心としては当然です。

 

気をつけていても顔がにやけたり、声のトーンが変わったりすれば、たとえ小さな変化でも疑われる要素になってしまいます。

 

パートナーがいなくても普段から電話やLINEなどの連絡は最低限にして、履歴やメッセージは見たら即削除するようにしておきましょう。

 

アプリでのダイレクトメッセージやフリーメールも同様にすぐ消すだけでは無く、パートナーと一緒にいるときはアプリごと削除して、再インストールして使うという手もあります。

 

匂いには気を付ける

 

普段は気にならないのにふとした瞬間に気になってしまうのが「匂い」です。

 

浮気相手のタバコの匂いや香水の香り、車の芳香剤やホテルでシャワーを浴びた時のシャンプーやボディーソープの匂いなど上げればキリがありませんがパートナーは「いつもとは違う匂い」にとても敏感です。

 

特に自身がタバコを吸う人はどんなに気をつけているつもりでも、タバコを吸わない人と比べれば嗅覚が鈍感になっています。

 

その「いつもとは違う匂い」がきっかけで怪しまれ、GPSやスマホチェックをされて浮気発覚。と最悪の結果にならないように、もしもの時のために言い訳を考えておきましょう。

 

だからといって、急に香水をつけるようになったり、帰ってきて直ぐにシャワーを浴びたり、いつもとは違う時間に入浴して匂いを落とそうとすれば、それもまた疑われるきっかけになってしまうので気をつけましょう。

 

スマホの取り扱いに注意

 

スマホのロック、連絡アプリのロック、電話やメールの履歴削除やGPSでの追跡をどんなに気をつけていても安心しないで下さい。

 

実際どんなに気をつけて対策をしていても浮気がバレる事はあるんです。

 

電話やメールは着信・受信だけでは無くて、発信・送信の削除も忘れずに。

 

SNSやLINEをロックしているからといってメッセージ履歴を後で見返そうなんて思っていたらいけません。

 

即削除が鉄則です。

 

急な連絡が来ても大丈夫なように、メッセージ通知とバナーが出ないようにオフにする、浮気相手の名前が画面に映っても大丈夫なように変更しておくなどしましょう。

 

ついやましい気持ちがあるとロックをかけていてもスマホを持ち歩いてしまいますが、普段通りの振る舞いをするように心がけて堂々としていましょう。

 

友達の名前は使わない

 

今の時代SNSをやっていないという人の方が少なく、投稿はしていなくても登録だけしていて見るだけ専門という人も多いです。

 

例えばあなたが浮気相手とデートのアリバイのために何気なく友人の名前を出してみたら、実はその友人は別の人と出かけていることをSNSに写真をUPしていてそこから浮気がバレてしまったり、いつどこから浮気がバレるかわかりません。

 

直接SNS上で彼と友人のつながりがなくても、後日人伝いに耳にしてしまうということもあります。

 

彼がSNSに疎いタイプだとしても油断はせず、もしアリバイに使うのなら、確実に信頼できる友人に協力してもらうか、SNSに投稿などをしていないような友人に協力してもらうなど確実な方法を選びましょう。

 

現金払いに現地集合、現地解散

 

浮気相手と会った時のお茶や食事、デート代金は全て現金払いにしておきましょう。

 

クレジットカードなど明細が残る支払い方はNGです。

 

アナタだけではなく浮気相手も同様にクレカでの支払いはとめておきましょう。

 

また、出来るだけデートや食事の時は現地集合の現地解散を徹底しましょう。

 

電車や車などを使えば使うほど、誰か知り合いに見られるリスクは高くなります。

 

そして、万が一、食事やデートしているところを見られたとしても、自然な言い訳をできるストーリーを事前に準備しておきましょう。

 

旦那に絶対に接点のない男性を浮気相手に選ぶ

 

浮気がバレずバレないの大前提として、旦那の見の周りの男性は絶対に浮気相手として選ばないことです。

 

浮気する際の鉄則ですが、旦那の交友間の全くない、完全に接点がない男性を選びましょう。

 

それだけでグッと浮気がバレるリスクは軽減します。

 

今、主婦の間で浮気相手を探すツールとしてマッチングアプリや出会い系アプリなどが流行っているのもそういった理由からです。

 

 

 

もし、どうしても誰かに浮気の相談をしてみたくなったら・・・

 

浮気や不倫を続けていると悩みを誰かに相談したいと思うことは女性なら誰しもあります。

 

その時に、間違っても友人知人などアナタの周りの人に相談しないでください。

 

アナタが信頼していると思っている友人知人でも、そこから旦那に浮気がばれたケースは山ほどあります。

 

では、苦しい胸の内を誰に相談すればいいのか?

 

対面で相談しなくても気が晴れるのであれば、ヤフー知恵袋や掲示板のようなところに書き込んで相談してみるのもいいでしょう。

 

もちろん、IDやパスワードの管理は旦那にバレないように徹底してください。

 

直接、対面で誰かに相談したいのであれば、占い師などはどうでしょうか。

 

お金はかかりますが、思いのたけを全て打ち明けることが出来ますし、バレる心配もほぼないでしょう。

 

そうやって少しガス抜きしながら、旦那にバレないように日々、注意していきましょう。

TOPへ